草刈り作業の飛び石で割れたガラスの交換(6月前半のほのぼの不動産)

割れたガラス

暑くなってきましたね!
帽子を被らなかったために陽射しで体調が悪くなる日もありました。
夏・・・嫌いなんですよね・・・。

さて、私のテンションとは反比例する形で、夏に向けぐんぐんとテンションアゲアゲで育ってくるのは雑草です。

そして増えてくるのが・・・

草刈機ナイロン紐タイプ要注意

草刈機での作業時に起きた飛び石でのガラス割れです。

草刈機は「金属刃」と「ナイロン紐」と二種類ありますが・・・

「ナイロン紐のほうが特に危ない」

以前、少し農業をしていた時にベテラン農家さんに何度となく言われました。

ナイロン紐のタイプは、地面にナイロン紐を強く打ち付けることによって草を叩き切ります。
地面に落ちている物を跳ね上げますので、小石やガラス、切った草や虫、ちょっとした枝もバンバン飛びます。作業中の横を人が通り抜けるのもすごく危険です。

飛び石で車のガラス割れもありましたし、目に入れば失明することもあります。

作業時にはエプロンや面体、保護メガネに革手袋、長靴くらいは着けるべきだと思っています。

ガラス交換後

ということで、作業開始から20分もかからずガラス交換は終了。
ありがとうございました。

あ、すごく簡単そうに書いてしまいましたが・・・。

・この業者さんに頼めば、絶対直るという安心感。
・その作業をするために自分で揃えられている専用の道具の数々。
・大きなガラスの運搬費用。
・取り除いたガラスの処分費用。
・短時間で終わるように培われた経験と技術。

などなどにお金を支払っているわけです。
私はできないことばかりです。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。

にほんブログ村 経営ブログ 自営業・個人事業主へ
にほんブログ村

それでもガラスが割れてしまったら

自分の家のガラスが割れてしまったら。

例えば、ほのぼの不動産が代理店をしている「あいおいニッセイ同和損害保険」の火災保険では「破損・汚損」で保険金が支払われるものをオススメしています。保険証券をチェックしてみてくださいね。

人の物を壊してしまったら。

「個人賠償責任保険」や「日常生活賠償特約」などで賠償できることがあります。チェックしてみてくださいね。